ウェディングケーキ

結婚式、それは新たに夫婦となる男女にとってのみめでたいものではなく、家族、親戚、友人、知人等、関わってくれる人たちにとっても同様の意味を持っています。花婿花嫁は皆から祝われるものであり、同時に歓待するホストであるともいえます。特にもてなしという意味では式よりもその後にある披露宴、会食がそうだと言えるかもしれないです。結婚式という祝い事でただ式だけ行って帰るということは最近ではあまりなく、やはり流れとしてはせっかく皆が集まったのだから食事をしながら親睦を深めていくというのが一般的になってきているはずです。そうなると大事なのが料理であり、これによって印象をぐっと深めたり思い出を強めたりすることができます。

披露宴、会食での料理。これは普通は結婚式を行う時にだいたいがセットでまとめることが多く、個人ですべてセッティングすることはあまり多くないです。ただどちらでも行う側としてある程度の内容を把握しておくのは必要なこととなってきます。たとえば出席者の中に食物アレルギーがあるかどうか、そうじゃなくても好き嫌いを知って対処しておけば余計な面倒がかからずスマートにいきます。他にも食材や料理にはそれぞれ意味合いがあり、また新郎新婦の思い出などを絡めてメニューを決めていけば出席された方の印象に残るものとなります。どんなものに対しても気遣いは大切なものです、それがあるのとないのとではやはり今後の関係に影響が出てきますので、気持ちをこめて準備することをおすすめします。